シェアする

2017年7月|高松から福岡へ Pt.2

2017年7月2日

ちょっと早起きして高松から丸亀・ミモカへ。展示は見ずにまずカフェレストミモカへ行くのが、ぼくのスタイル。ワイチェアに座り、時折変わる猪熊さんの絵を眺めながらティーブレイクする。特に、朝早い時間は貸切状態なのでゆっくり過せるのがいい。

ティーブレイクの後は、展示をしっかり見る。企画展は、志賀理江子の「ブラインドデート」。衝撃的な展示だった。東南アジアの街のノイズのように響くスライド映写機の音、闇と光のいたずらで写り込む自分…。写真上では見えていないイメージが展示空間内にクリアに立ち上がっているのが凄かった。心臓ばくばくだった。

A post shared by Atsushix Tonotype (@tonotype) on

丸亀から仏生山へ移動。遊びに行ったへちま文庫で賄いを頂いた。日曜昼の土曜夜のカレー。

夜は、高松のメロバーへ。前の日も違うメンバーで来たので2日連続。常時6種類のドメスティッククラフトビールをタップで飲める。焼酎、日本酒(高松の凱陣あり)、ワイン(自然派)、ボトルビール(レアもの、シードルもあり)も充実。タコカド(蛸とアボカド)などつまみも美味しい。テーブルや椅子などの家具はアンチポエム製。ぼくの高松の友人たちには大事なお店だというのがよくわかった。高松に来たら寄りたいお店が増えた。

Part.1 はこちら




スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク