シェアする

iPhoneは、ほんとうにMicro Macだ。

先週会った人の何人かがたまたまiPhoneを持っていて、いろいろ触らせてもらった。それで実感したのは、iPhoneは電話ではなく、完全に、 “Micro Mac” であるということ。(Micro Mac という言葉は、こちらから拝借)

SN370344.jpg

表層とかハード的な部分より、ソフトのレベルが高いのに感心した。メールを打つときのアドレス帳からの宛先補完など、細かいところで各アプリの連携がスムーズ。気に入ったのが、文書を書いてる時のカーソルの入れ方。ワードとワードの間に何かを追加したときは、そのワードの間を押せばいい。文字通り、押せばいいのだ。そしたら、ズームがきいて、カーソルを入れるインターフェイスが出てくる。これには、感動した。



今まで、appleのノートブックは重いからちょっと持ち出すのにも躊躇があったけど、これならちょっとした海外旅行でも力を発揮しそう。そういう意味で欲しい。

iPhoneを触ってしまうと、日本の携帯会社がデザインとか言っているのが本当に安っぽく見える。iPhoneというのは、アップルというデザイン、もっと言うとライフスタイルが携帯になったものだ。携帯というクローズドな領域からこんなアウトプットはまず出てこないだろう。実際、携帯の中だけで、デザインやサービスを考えるとHelioみたいに微妙なニッチに終わるのがオチ。携帯電話の領域をもっと超えたところから、デザインやスタイル、使われ方の提案を戦略にもってくるという通信キャリアや電気メーカーが日本にもあってもいいと思う。任天堂がやればいいと思うんだけど。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク